• 吉田拓也

これからのDTPデザイナーについて

最終更新: 2019年11月14日

AIにはできない「自分らしさ」の追求が必要になってくる。


IoTInternet of Things(モノのインターネット)

5Gになると、「Iot時代」がやってくる。


あらゆるモノがネットにつながる時代へ

先日、新潟市ある広告代理店の代表取締役様とお話をする機会がありました。

その中で、会社の進むべきビジョンやデザインの考え方、その他多くの事について意見を交わしました。


その方は、若くして代表になられ、代表という立場であり、率先して営業にも出掛けられる「太陽」のような印象でした。


以下のような事を話してれました。


ネット社会の加速

5G(第5世代移動通信システム)に変わると、今よりもネット社会が加速する。

スマホ一つで全てが完結する世の中が来る。

その中で、吉田君のように紙媒体を主として制作している場合、2種類の選択肢がある。


  1. 紙媒体を極め、一流のプロになる。

  2. 他の媒体も制作する(WebデザインやUI・UXデザイン等)


AI技術の発展

さらにIot時代の到来、AI技術の発展に伴い、様々な仕事がAIに変わる。

  1. DTPデザインでは、フォーマット化できるカタログ制作。

  2. Webデザインでは、コーディング。


その他、たくさん存在する。


人だからこそできる付加価値を提案していかないと生き残れない時代。

市場規模が減少するだけで、紙媒体は無くならない。

その代わり、Web広告の規模が増大する。


その時に、Web広告に置ける知識・デザイン(見やすさ・分かりやすさ)を

武器に勝負できると尚良い。


合わせて、ビジネスプランや広報活動(効果的なSNS)も提案できると付加価値が増す。

人にしかできない事を常に意識しておくと良い。

日々、チャレンジだよ♪


-------


改めて言われると、実感が湧きました。

私も今、DTPの枠を超えて「アプリデザイン」「商品デザイン」「LPデザイン」に挑戦しています。都度、勉強の毎日です。


代表に言われた言葉を胸に楽しんで頑張ります!!

20回の閲覧0件のコメント